慢性糖尿病の食事制限に最適な宅配弁当ベスト3!

トップページ > バラエティに富んだ食品から適量な栄養素を摂取す
ページの先頭へ

バラエティに富んだ食品から適量な栄養素を摂取する

バラエティに富んだ食品から適量な栄養素を摂取することが、糖尿病の方にとっては理想的な食事です。それぞれに相応しいエネルギー量を超えることなく、調和のとれた食事摂取において「糖尿病食事療法のための食品交換表」を、日常的に取り入れることもできるでしょう。普段私立ちが食べている食品を食品交換表で照らし合わせてみると、その中に多く含有される栄養素ごとに、食品グループを6つ(また6つの表)に分割し調味料とは分けて、食品の重量を掲さいしていますが、その基準は1単位80kcalです。

食品交換表を活用することで、献立づくりの悩み解消にもなります。

糖尿病というと、制限された食事と想像している患者さんが多数だと思います。

ですが、糖尿病の患者さんの思いとはうらはらに、食べられない食品はほとんどありません。

「食事療法」のための、通常とは違ったメニューがあるのではなく、食べ物にふくまれるいろいろな栄養素のバランスと個々に合った総摂取エネルギーを意識することが目的となります。

もともと食事療法の目的は、糖尿病の患者さんのみに与えられたものではなく、常々みなさんが意識して考えないといけないということです。

毎日摂っている食事については、3食それぞれ同じくらいの分量が理想的ですが、やはり夕食がどうしても多くなってしまいます。時間を割いて食事をゆっくり摂るために、20分は必要です。食事に時間をかけることで、血糖値の上昇を抑えたり、満腹中枢が満たされたりするからです。

どんなに忙しくても、5分ぐらいで食事をしてしまうのは避けましょう。食物繊維は血糖値を下げる効果がありますので、それらを含んだ海藻類・きのこ類はたくさん摂って下さい。

糖質の多い食品(ポテト・コーンなど)は意識しながら摂って下さい。

人は加齢と伴にインスリンのはたらきが低下するため筋肉への糖の吸収が減っていきます。したがって、血糖値が上昇しやすくなります。

食事の後は特に、ブドウ糖がいっぺんに体の中に吸収されるため血糖値が上昇します。

血糖値が上昇するのを防ぐ方法として「ベジタブルファースト」があります。

食事のとき、先に野菜から食べる食事法です。

ゴボウやキャベツなどの食物繊維を豊富にふくむ野菜は、ほかの食品が消化吸収されるのを緩やかにする作用があります。

ご飯や麺類などの炭水化物にふくまれる糖質をゆっくりと吸収するため、体内におけるブドウ糖の吸収を緩和します。

体内時計(時計遺伝子と呼ばれる遺伝子群が維持していると考えられています)(人間の中に備わっているといわれており、サーカディアンリズムとも呼ばれます)の乱れには2型糖尿病や肥満を伴う危険性が潜んでいます。糖代謝や血圧・脂質代謝・睡眠や体温など、全ての生理機能には日内リズムがあって、「体内時計(時計遺伝子と呼ばれる遺伝子群が維持していると考えられています)(人間の中に備わっているといわれており、サーカディアンリズムとも呼ばれます)」と密接に関わっています。

日々の生活習慣は、「体内時計(時計遺伝子と呼ばれる遺伝子群が維持していると考えられています)(人間の中に備わっているといわれており、サーカディアンリズムとも呼ばれます)」に影響を持たらします。「体内時計(時計遺伝子と呼ばれる遺伝子群が維持していると考えられています)(人間の中に備わっているといわれており、サーカディアンリズムとも呼ばれます)を考えた栄養学」が「時間栄養学」とよばれています。

「何をどのくらい食べるか」という従来の栄養学に、「食べるタイミング」といった体内時計(時計遺伝子と呼ばれる遺伝子群が維持していると考えられています)(人間の中に備わっているといわれており、サーカディアンリズムとも呼ばれます)の観点をプラスし、食事のリズムと機能性が持たらす作用について調査する新しい研究分野です。あなたにとって適正な総摂取エネルギーが1日1600kcalと指示された場合、1日における食品との交換は20単位となりますが、バランスのよい栄養素を摂取することが大切になってきます。いわゆる「食品交換表」には、外食メニューの代表的なものも掲さいされています。

参考にして、ある程度のカロリーや栄養素を覚えておくとよいでしょう。

また、薬物療法を受けている患者さんの場合は、どのタイミングで食事をすればよいのか掌握しておかないと、条件次第では低血糖を誘発する恐れがあるので留意して下さい。

その季節独特の食材をメニューに取り入れたり、外食の仕方にもアイデアを取り入れて、充実した食事療法を行って下さい。糖尿病に罹患する可能性を告げられた方のなかには、「自分には何の自覚症状もないから、好きなものを食べて、特別な運動は必要ないのではないか」と言う方もいるかも知れません。

正式に糖尿病と診断されるまでにはほとんど自覚症状がないため、予防のための注意を払うことは少ないかも知れません。

糖尿病予備軍から次第に境界型へと症状が移行すると、だんだんと自覚症状も出てきます。

例えば、血糖値を下げるホルモンであるインスリンの数値に変化が及ぶ状態は、糖尿病と診断される前の段階からあります。

「緩やかな糖質制限食」は、糖質摂取量の目安が1食あたり40gまでです。

毎食バランスを考えて摂り、ご飯を少なく摂ることが大切です。

最も良くないのは若年層にありがちな「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」です。

同じように「カツ丼とざるそばセット」なども避けた方がよいでしょう。

要するに、糖質過多の食習慣はよくないということです。糖質制限の見解から種類豊富な幕の内弁当とご飯の量を半分にすることを、すすめています。「緩やかな糖質制限食」では、あまりカロリーを気にしないで、野菜のほか、お魚・お肉もいっぱい食べましょう。糖尿病には、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病といった種類があります。その内、日々の食生活や生活習慣の影響は大きく患者数の最も多いのが、「2型糖尿病」です。

自覚症状が出ないため血糖値の高さにも気づかないことが多いですが、そのことが悪化の原因となってしまい多くの合併症を引き寄せてしまいます。適切でない食習慣は2型糖尿病の原因にもなりかねないので、食生活を改善して治療へ繋げなくてはなりません。体重や血糖の調整に努め糖尿病性の合併症を防ぐこと、そして悪化を防ぐことも食事療法の目的です。

糖尿病予備軍から移行した糖尿病は、インスリンという血中の血糖値をコントロールするホルモンがうまく機能しなくなり、長期にわたって血糖値が下がりにくくなる病気です。

糖尿病の治療の目標は、生涯にわたって体重・血圧・血糖・血清脂質の数値を正常な状態に近づけることで、その他の病症を合併する可能性を避けることができ、自由(自分で自分を制限しないことだと定義している方もいます)にからだを動かし活発な日常生活はもちろんのこと、充実した人生をおくるようにすることです。

治療のための食事療法を正しく実行すれば、糖尿病の合併症や動脈硬化症への移行を予防することにもなります。

Copyright (c) 2014 慢性糖尿病の食事制限に最適な宅配弁当ベスト3! All rights reserved.