慢性糖尿病の食事制限に最適な宅配弁当ベスト3!

トップページ > 日本人の5人に1人は罹ると言われている
ページの先頭へ

日本人の5人に1人は罹ると言われて

日本人の5人に1人は罹ると言われている身近な病気『糖尿病』の予備軍について「まだ糖尿病になったわけじゃないから、今は食生活を改善したり、特別な運動は必要ないのではないか」と言う方もいるかも知れません。

大抵は糖尿病予備軍で症状が出ることは稀なので、前もって生活を変えるということは難しいことです。その内、次第に境界型という糖尿病になってくると、からだの中では、すでに変化が起き初めています。血糖値を正常に保つのに必要なホルモンとされるインスリンの分泌量の変化は、糖尿病にとって最も顕れやすい症状です。

1日の総摂取エネルギーに関して1600kcalがふさわしいとされているひとについては、1日における食品との交換は20単位となりますが、栄養素が偏らないように選ぶことが大切です。

「食品交換表」には、代表的な外食メニューも載っています。

日常的に、カロリーや栄養素を把握しておくと便利です。また、薬物療法を受けている患者さんの場合は、食べるタイミングを間違えると低血糖を伴う可能性があるので心がけが必要です。時節の変化をとり入れた献立作りや、外食の仕方にもアイデアを取り入れて、充実した食事療法を行って頂戴。

糖尿病予備軍から移行した糖尿病は、インスリンという血中の血糖値をコントロールするホルモンがバランスを崩し、血糖値が上昇したままの状態が続く病気です。

糖尿病の治療には多くの時間が必要ですが、その目的は血圧・血糖・血清脂質などの血中の状態や体重の理想的な数値を維持することで、糖尿病合併症(網膜症・腎症・神経障害)や動脈硬化(動脈の血流が遮断されてしまうため、血液が循環できなくなり、酸素や栄養が運ばれなくなってしまいます)症(心筋梗塞・脳梗塞・足壊疽)を予防し、健康な人と同様に活動的な日常生活や充実した人生をおくるようにすることです。治療のための食事療法を正しく実行すれば、糖尿病に追随するその他の病症(合併症や動脈硬化(動脈の血流が遮断されてしまうため、血液が循環できなくなり、酸素や栄養が運ばれなくなってしまいます)症など)も回避できるはずです。

糖尿病になったら、厳しい食事制限をしなければいけないと想像している患者さんが多数だと思っています。しかし、糖尿病を患ったからといって、決して食べられないという食品はありません。「食事療法」といっても特別なメニューがあるわけではなく、それぞれに必要な総摂取エネルギーと栄養素を照らし合わせながら実践することが重要になります。

根本的な食事療法の考えは、糖尿病の患者さんへ向けた絶対条件(ないにこしたことはないかもしれませんね)というものではなく、健康なひとでさえ日常的に意識しないといけないということです。

あまたの食品群にはさまざまな栄養素が含まれており、それらを適量摂取することが、バランスのとれた糖尿病の方の食事です。

バランスのよい食事をとるためには、適切なエルルギー量の範囲内であることが大事であり「糖尿病食事療法のための食品交換表」を、日常的に取り入れることもできるはずです。

私立ちが毎日食べている食品を食品交換表で参照してみると、それぞれに多く含まれている栄養素を持とにして、6つの表を創り6つの食品グループと調味料に分類し、食品の重量=80kcal(1単位)として掲載しています。

日常的に食品交換表を利用することで、料理の種類も豊富になります。

体内時計の乱れには2型糖尿病や肥満を伴う危険性が潜んでいます。

糖代謝や血圧・脂質代謝・睡眠や体温など、すべての生理機能には日内リズムがあって、「体内時計」に大聴く左右されます。

日々の生活習慣は、「体内時計」に影響を持たらします。「時間栄養学」は「体内時計を考えた栄養学」を表したものです。

栄養学の基本である「何をどのくらい食べるか」に併せ、「食べるタイミング」といった体内時計の特長を付け足し、食事のタイミングと役割に関して新しく研究する分野です。

人は歳といっしょにインスリンによる筋肉への糖の吸収が減少します。

したがって、血糖値が上昇しやすくなります。食後は特別、ブドウ糖が一気に体内に吸収されるため血糖値が上昇します。

血糖値上昇を防ぐ手段が「ベジタブルファースト」です。食事の際、野菜から先に食べる食事法です。

食物繊維(寒天に多く含まれていることから、寒天ダイエットが流行したこともあります)が多量に含まれたゴボウやキャベツなどの野菜は、効果として他の食品の消化吸収を緩やかにします。

食事や麺類といった炭水化物に含まれる糖質の吸収もゆっくりとなるため、ブドウ糖が体内に吸収されるのを緩和します。毎日摂っている食事については、3食それぞれ同じくらいの分量が理想的ですが、たいてい夕食の分量が多くなってしまいます。どんなに忙しくても、食事は20分かけてゆっくり食べることです。

食事に時間をかけることで、血糖値の上昇を抑えたり、満腹中枢が満たされたりするからです。

どんなに忙しくても、5分ぐらいで食事をしてしまうのは避けましょう。食物繊維(寒天に多く含まれていることから、寒天ダイエットが流行したこともあります)は血糖値を下げる作用を促しますので、海藻類やきのこ類はたくさん摂取して頂戴。

ポテトやコーンには多くの糖質が含まれているので気を配って頂戴。「緩やかな糖質制限食」は、糖質摂取量の目安が1食あたり40gまでです。一日3食のバランスを考えながら、食事の量を減らすことが重要です。糖質ばかりの「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」が一番良くありません。

当然「カツ丼とざるそばセット」なども良くありません。なぜなら、糖質の多すぎる食事はよくないからです。

糖質制限を意識して「バランスのとれた外食と食事の摂り方に注意しましょう」と、提案しています。「緩やかな糖質制限食」では、それほどカロリーを気にしないで、野菜・お魚・お肉といった食材もどんどん摂りましょう。

糖尿病には、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病といった種類があります。

日常的な食事や生活習慣はひときわ関係しておりもっとも多く罹患するのが、「2型糖尿病」です。

血糖値が高くなっても自覚症状を感じることが稀なため、そのことが悪化の原因となってしまい様々な合併症を誘発します。不適切な食生活は2型糖尿病をまねくきっかけとなるので、食生活を改善して治療へ繋げなくてはなりません。

糖尿病性の合併症に繋がらないよう体重や血糖を適正に保つ、併せて悪化へ導かないことも食事療法の目的です。

Copyright (c) 2014 慢性糖尿病の食事制限に最適な宅配弁当ベスト3! All rights reserved.