慢性糖尿病の食事制限に最適な宅配弁当ベスト3!

トップページ > 1日の総摂取エネルギーに関して1600kcalが
ページの先頭へ

1日の総摂取エネルギーに関して16

1日の総摂取エネルギーに関して1600kcalが似つかわしいとされているひとについては、1日における食品との交換は20単位となるはずですが、栄養素のバランスを考えることが重要になってきます。皆様がよく知っている外食メニューも、「食品交換表」には掲載されています。参考にして、ある程度のカロリーや栄養素を覚えておくとよいでしょう。

なかには薬物療法を行っている患者さんもいると思いますが、食べるタイミングを間違えると状況次第では低血糖になる畏れがあるので注意が必要です。

日々の献立つくりに変化を取り入れたり、上手に外食の仕方を工夫して、満足のいく食事療法を実践して下さい。

人は加齢と伴に筋肉でのインスリンによる糖取り込みが減少します。

そのため、血糖値が上昇しやすくなるはずです。食事の後は一段と、ブドウ糖(グルコースとも呼ばれます)が体内へ一気に取り込まれるため血糖値が上がります。血糖値上昇を抑える手段として「ベジタブルファースト」があります。

食事法の一つで、食事の際は野菜(最近ではマクロビがブームになっていますね。

マドンナなども実践しているんだとか)から食べる方法です。

食物繊維を豊富にふくむゴボウやキャベツといった野菜(最近ではマクロビがブームになっていますね。マドンナなども実践しているんだとか)は、効果として他の食品の消化吸収を緩やかにします。

食事や麺類といった炭水化物にふくまれる糖質の吸収もゆっくりとなるため、体内にブドウ糖(グルコースとも呼ばれます)が吸収されるのを和らげます。

体内時計が乱れると2型糖尿病や肥満のリスク(いかに損失を減らすか、迅速に適切な対処をするかが問われますね)が上昇します。

毎日の睡眠や体温、また体内の血圧や糖代謝・脂質代謝など、全ての生理機能には日内リズムがあって、「体内時計」によって大聴く作用します。

日々の生活習慣は、「体内時計」に影響をもたらします。聴きなれない「時間栄養学」とは、「体内時計を考えた栄養学」をさします。「何をどのくらい食べるか」という従来の栄養学に、体内時計の観点から「食べるタイミング」を加え、食事のタイミングと役割に関して調査する新しい研究分野です。糖尿病になったら、厳しい食事制限をしなければいけないと考える患者さんがほとんどかもしれません。

だかといって、糖尿病の患者さんにとって、大抵の食べものを摂ることができるのです。「食事療法」といっても特別なメニューがある所以ではなく、それぞれに必要な総摂取エネルギーと栄養素を考えることが大切になるはずです。

食事療法のそもそもの目的は、糖尿病患者さんだから守らないといけないものではなく、常々みんなが意識して考えないといけないことです。

数多くの食品群には色々な栄養素がふくまれており、それらを適量摂取することが、バランスのとれた糖尿病の方の食事です。適正なエネルギー量の範囲内で、バランスのよい食事をとるために「糖尿病食事療法のための食品交換表」を、日常的に取り入れることもできます。

食品交換表では私立ちが日常食べている食品を、多くふくまれている栄養素によって、食品グループを6つ(また6つの表)に分割し調味料とは分けて、食品の重量を掲載していますが、その基準は1単位80kcalです。

食品交換表を活用することで、料理の種類も豊富になるはずです。

患者数が年々増加の傾向にある糖尿病の予備軍には、「まだ糖尿病になった所以じゃないから、今は食生活(食生活によって、健康状態が大きく変化するでしょう)の改善を行ってたり、運動をしたりする必要はない」と思っている人がいるかもしれません。自覚症状のない病気の場合は、意識して生活の改善を図ることはめずらしいことです。

糖尿病予備軍から次第に境界型へと症状が移行すると、色々な体調の変化が顕れてきます。例えば、血糖値を下げるホルモンであるインスリンが出にくくなったりする変化は、自覚症状のない時から出てきます。

腎臓病の一つである糖尿病は、血糖値を正常に保つインスリンとよばれるホルモンが上手に機能しなくなり、血糖値がナカナカ下がらなくなる病気です。

糖尿病の治療の目標は、生涯にわたって体重に加え血中の状態(血圧・血糖・血清脂質)のバランスを良好に保つことで、糖尿病の合併症である網膜症・腎症・神経障害や動脈硬化症、いわゆる心筋梗塞・脳梗塞・足壊疽を防ぎ、健康な人と同様に活動的な普段の生活や満たされた人生を送れるように努めることです。

色々な治療法のうち、適切な食事療法を介して、糖尿病の合併症や動脈硬化症への移行を予防することにもなるはずです。

3食の分量は、できれば食事ごとに同量程度が理想的ですが、たいてい夕食を多く摂ってしまいます。

どんなに忙しくても、食事は20分かけてゆっくり食べることです。

そうした食習慣で、血糖値が上昇するのを抑えたり、満腹中枢が満たされたりするからです。

仕事で時間が取れなくても、短時間で食事をと摂るようなことは控えましょう。

食物繊維は血糖値を下げる効果がありますので、より多くの海藻類・きのこ類を食べるようにして下さい。

ポテトやコーンは糖質に注意しながら摂って下さい。

糖尿病を大別すると、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病となるはずです。日常的な食事や生活習慣はひときわ関係しており最も多くの患者数を有するのが、「2型糖尿病」です。血糖値が高くなっても自覚症状を感じる事が稀なため、その状態が継続、悪化してしまうと多くの合併症を引き寄せてしまいます。

間違った食習慣は2型糖尿病を引き起こす大きな原因になるので、食生活(食生活によって、健康状態が大きく変化するでしょう)の改善を行ってて治療へ繋げなくてはならないのです。

糖尿病性の合併症を防ぐための体重や血糖のコントロール、併せて悪化へ導かないことも食事療法の目的です。糖質の摂取目安として、「緩やかな糖質制限食」では1食につき40gまでとされています。一日3食のバランスを考えながら、食事の量を少なくすることが大切です。

糖質ばかりの「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」が一番良くありません。

同じように「カツ丼とざるそばセット」なども避けた方がよいでしょう。

つまり、糖質ばかりのものを食べるのはよくないことです。

糖質制限の見解から種類豊富な幕の内弁当と食事の量を半分にすることを、指導しています。

「緩やかな糖質制限食」では、あまりカロリーを気にしないで、野菜(最近ではマクロビがブームになっていますね。

マドンナなども実践しているんだとか)やお魚・お肉なども豊富に摂取しましょう。

Copyright (c) 2014 慢性糖尿病の食事制限に最適な宅配弁当ベスト3! All rights reserved.