慢性糖尿病の食事制限に最適な宅配弁当ベスト3!

トップページ > 「緩やかな糖質制限食」は、糖質摂取
ページの先頭へ

「緩やかな糖質制限食」は、糖質摂

「緩やかな糖質制限食」は、糖質摂取量の目安が1食あたり40gまでです。一日3食のバランスを考えながら、ご飯は少なめにすることが重要です。

若年層が好む「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」は最も避けなければなりません。「カツ丼とざるそばセット」のようなものも同様です。要するに、糖質過多の食習慣はよくないということです。糖質制限の観点からも「幕の内弁当にしましょう。そしてご飯は半分のこしましょう」と、推奨しています。

「緩やかな糖質制限食」では、それほどカロリーを気にしないで、野菜やお魚・お肉なども豊富に摂取しましょう。

体内時計(概日リズムと表現されることもあります)が乱れると2型糖尿病や肥満のリスクが上昇します。

毎日の睡眠や体温、また体内の血圧や糖代謝・脂質代謝など、全ての生理機能には日内リズムがあって、「体内時計(概日リズムと表現されることもあります)」によって制御されています。「体内時計(概日リズムと表現されることもあります)」は、生活スタイルから影響をうけています。「時間栄養学」は「体内時計(概日リズムと表現されることもあります)を考えた栄養学」を表したものです。栄養学の基本である「何をどのくらい食べるか」に併せ、体内時計(概日リズムと表現されることもあります)の特質を踏まえた「いつ食べるか」を加えて、食事のタイミングと作用について研究する新しい分野です。いろいろな栄養素を適量とるのが、糖尿病を患った方には非常に大切な食事法です。バランスのよい食事をとるためには、適切なエルルギー量の範囲内である事が大切であり「糖尿病食事療法のための食品交換表」は、とても参考になります。

食品交換表では私立ちが日常食べている食品を、その中に多く含有される栄養素ごとに、調味料と6つの食品グループと表に分類して、食品の重量=80kcal(1単位)として掲さいしています。

食品交換表を活用することで、料理のメニューの参考にもなります。

あなたにとって適正な総摂取エネルギーが1日1600kcalと指示された場合、食品との置き換えの目安が1日20単位になりますが、栄養素の種類がバランスよくふくまれているかを考えて選ぶことが大切です。

「食品交換表」には、代表的な外食メニューも載っています。

参考にして、ある程度のカロリーや栄養素を覚えておくとよいでしょう。

なかには薬物療法を行っている患者さんもいると思いますが、食べものを摂るタイミングをしっかり意識しておかないと、低血糖を伴う可能性があるので心がけが必要です。

献立をマンネリ化指せない工夫をしたり、上手に外食の仕方を工夫して、満足のいく食事療法を実践してちょうだい。糖尿病予備群と言われた事のある方のなかには、「食生活を改めたいけれど、中々難しい、運動をしたりする必要はない」と思っている人がいるかも知れません。

大抵は糖尿病予備軍で症状が出ることは稀なので、意識して生活の改善をはかることはめずらしいことです。しかし、糖尿病の境界型になると、各種の体調の変化が顕れてきます。

体内の重要なホルモンのうち、血糖値を下げるために欠かすことのできないインスリン値に異常が出てくる反応は、糖尿病予備軍の段階から見うけられます。

糖尿病を大別すると、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病となります。

日常的な食事や生活習慣はひときわ関係しており発症率の高さで最も多いのが、「2型糖尿病」です。

自覚症状が出ないため血糖値の高さにも気づかないことが多いみたいですが、その状態が継続、悪化してしまうと多くの合併症の引き金になります。

適切でない食習慣は2型糖尿病の原因にもなりかねないので、食生活を改善して治療へ繋げなくてはなりません。体重や血糖を意識して調整し糖尿病性の合併症を予防、さらに悪化の抑制を目的とするのが食事療法です。

一般的に、糖尿病にはつらい食事制限が付きものと想像している患者さんが多数だと思います。

しかし、糖尿病を患ったからといって、食べられないものは何もありません。

「食事療法」には、これといった限定されたメニューがある理由ではなく、食べ物にふくまれる色々な栄養素のバランスと個々に合った総摂取エネルギーを考えながら実践することが目的になります。この食事療法の考えは、糖尿病の方だけに必須な条件ではなく、本来健康なひとでも考えないといけないことなのです。いわゆる糖尿病とは、インスリンという血糖値を下げる役割を担ったホルモンに異常が見られ、継続的に血糖値が高いままの病気です。

人生の多くを費やす糖尿病治療の目標は体重・血圧・血糖・血清脂質の数値を正常な状態に近づけることで、糖尿病の合併症である網膜症・腎症・神経障害や動脈硬化症、いわゆる心筋梗塞・脳梗塞・足壊疽を防ぎ、自由にからだを動かし活発な日常生活は持ちろんのこと、人生をたのしみながら送れるようにすることです。

色々な治療法のうち、適切な食事療法を介して、糖尿病に追随するその他の病症(合併症や動脈硬化症など)も回避できます。人は加齢といっしょにインスリンのはたらきが低下するため筋肉への糖の吸収が減っていきます。血糖値の上昇につながる原因の一つです。

とり理由食事の後は、ブドウ糖がいっぺんに体の中に吸収されるため血糖値が上昇します。「ベジタブルファースト」は血糖値上昇の予防に繋がります。

食事のとき、先に野菜から食べる食事法です。

ゴボウやキャベツといった食物繊維(たくさん含まれた食べ物をとることで、便秘の改善に繋がります)をたくさんふくむ野菜は、ほかの食品が消化吸収されるのを緩やかにする作用があります。併せて、ご飯や麺類などの炭水化物にふくまれる糖質をゆっくり吸収するので、体内におけるブドウ糖の吸収を緩和します。

毎日摂っている食事については、3食それぞれ同じくらいの分量が理想的ですが、夕食の分量に多く偏ってしまいます。時間を割いて食事をゆっくり摂るために、20分は必要です。

沿うした方が、血糖値の上昇を抑制できたり、満腹感が増し食べ過ぎを防止できるからです。

忙しいとき、仕事の合間に食事を5分ほどですませるのは避けましょう。食物繊維(たくさん含まれた食べ物をとることで、便秘の改善に繋がります)は血糖値を下げる作用を促しますので、より多くの海藻類・きのこ類を食べるようにしてちょうだい。ポテトやコーンには多くの糖質がふくまれていますので気を配ってちょうだい。

Copyright (c) 2014 慢性糖尿病の食事制限に最適な宅配弁当ベスト3! All rights reserved.