慢性糖尿病の食事制限に最適な宅配弁当ベスト3!

トップページ > 一日3回の食事の量は、毎食ごとなるべく同じ
ページの先頭へ

一日3回の食事の量は、毎食ごとなるべく同じく

一日3回の食事の量は、毎食ごとなるべく同じくらいがよいのですが、どうしても夕食が多くなってしまいます。

食事は、忙しくても20分かけてゆっくり食べることです。沿うした食習慣で、血糖値が上昇するのを抑えたり、満腹感が増し食べ過ぎを防止できるからです。

忙しいとき、しごとの合間に短時間で食事をと摂るようなことは控えましょう。

血糖値を下げるには食物繊維が望ましいので、より多くの海藻類・きのこ類を食べるようにしてちょーだい。糖質が多く含まれるポテトやコーンを摂取する場合は要注意です。

一般的に、糖尿病にはつらい食事制限が付きものと思い込んでしまう患者(そう呼ばれないように、常日頃から健康には留意しましょう)さんが多いことだといえます。

しかし、糖尿病を患ったからといって、決して食べられないという食品はありません。

普段の食事とは異なるメニューが「食事療法」というワケではなく、それぞれに必要な総摂取エネルギーと栄養素を工夫しながら実践することが目的です。持と持と食事療法の目的は、糖尿病の患者(そう呼ばれないように、常日頃から健康には留意しましょう)さんへむけた絶対条件というものではなく、一般の健康な方立ちに結構必要なことなのです。2型糖尿病や肥満の原因のひとつとして体内時計の乱れがあります。

普段わたし立ちが行っている睡眠・糖代謝・脂質代謝、また体温(ごく短時間で耳測定できる体温計も売られています)・血圧など、日内リズムに沿ったそれらの生理機能は、「体内時計」によって制御されています。

「体内時計」は、日々の生活習慣で決まります。

「体内時計を考えた栄養学」が「時間栄養学」とよばれています。

「どの食品をどれくらいの量摂取するか」といったこれまでの栄養学に、体内時計の観点から「食べるタイミング」を加え、食事のリズムと効果の関わりについて研究する新しい分野です。1日の総摂取エネルギーが1600kcalと指示されているひとについては、1日20単位の食品と置き換えることができますが、栄養素の種類がバランスよく含まれているかを考えて選ぶことが大切です。「食品交換表」には、食品だけでなく主な外食メニューも載っています。

カロリーや栄養素を参考にしておくとよいだといえます。また、薬物療法を受けている患者(そう呼ばれないように、常日頃から健康には留意しましょう)さんの場合は、どのタイミングで食事をすればよいのか把握しておかないと、低血糖になることがあるので注意が必要です。季節の変化を取り入れた献立作りや、外食の仕方にも工夫を凝らして、食事療法を豊かにしてちょーだい。

糖尿病とは、血糖値を下げるインスリンというホルモンが上手に働かなくなり、継続的に血糖値が高いままの病気です。糖尿病発症後は治療の目的として、生涯にわたり血糖・体重(とにかく、毎日朝晩二回測ることで、太りすぎを防いだり、ダイエットにも繋がるといわれています)・血圧・血清脂質の良好なコントロール状態を維持することで、その他の病症を合併する可能性を避けることができ、日常の生活に支障をきたさないよう充実した人生をおくるようにすることです。

適切な指導による食事療法などは治療の一環として、糖尿病の合併症や動脈硬化症への移行を予防することにもなります。

たくさんの食品群にはさまざまな栄養素が含まれており、それらを適量摂取することが、糖尿病を患った方には非常に大事な食事法です。

それぞれに似つかわしいエネルギー量を超えることなく、調和のとれた食事摂取において「糖尿病食事療法のための食品交換表」を、日常的に取り入れることもできます。食品交換表では私立ちが日常食べている食品を、その中に多く含有される栄養素ごとに、食品グループを6つ(また6つの表)に分割し調味料とは分けて、食品の重量を1単位80kcalとしてけい載しています。

毎日の食事を食品交換表と照らし合わせることで、料理のメニューの参考にもなります。

糖尿病を大別すると、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病となっています。

日常的な食事や生活習慣はひときわ関係しておりもっとも多く罹患するのが、「2型糖尿病」です。自覚症状が出ないため血糖値の高さにも気づかないことが多いですが、病状の継続・悪化につながり多くの合併症の引き金になります。

2型糖尿病は不適切な食生活が大きな原因になるため、食生活を改善して治療へ繋げなくてはなりません。

体重(とにかく、毎日朝晩二回測ることで、太りすぎを防いだり、ダイエットにも繋がるといわれています)や血糖をコントロールし糖尿病性の合併症を予防、そして悪化を防ぐことも食事療法の目的です。健康診断などで糖尿病予備軍と注意を受けた経験のある方立ちのなかで、「まだ糖尿病になったワケじゃないから、今は食生活を改善したり、体も適度に動かしているから大丈夫」と感じてる方もいるだといえます。

大抵は糖尿病予備軍で症状が出ることは稀なので、前もって生活を変えるということは難しいことです。しかし、糖尿病の境界型になると、さまざまな体調の変化が顕れてきます。

特に、血糖値を下げる際に重要な役割をするホルモン、インスリンが出にくくなったりする変化は、無自覚のうちから顕れ、やがて糖尿病と診断されます。

糖質の摂取目安として、「緩やかな糖質制限食」では1食につき40gまでとされています。

毎日3食バランスよく食べて、食事を少なく摂ることが大事です。

若い人が好む「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」が一番不適切です。

「カツ丼とざるそばセット」のようなものも良くありません。つまり、糖質ばかりのものを食べるのはよくないということです。糖質制限の考え方からも栄養素の豊富な幕の内弁当と食事の量を減らすことを、すすめています。

「緩やかな糖質制限食」では、厳密なカロリー制限をせずに、野菜のほか、お魚・お肉もいっぱい食べましょう。

インスリンの作用は年齢とともに低下するため筋肉への糖の取り込みが減少します。

したがって、血糖値が上昇しやすくなります。

食事の後は一段と、ブドウ糖がいっぺんに体の中に吸収されるため血糖値が上昇します。

血糖値が上昇するのを防ぐ方法として「ベジタブルファースト」があります。野菜から先に食べる食事法です。ゴボウやキャベツといった食物繊維をたくさんふくむ野菜は、他の食べ物(何をいつ、どうやって食べるかが大切ですね。

お腹に入れば同じというわけにはいかないでしょう)の消化吸収を緩やかにする作用をもたらします。

食事や麺類などの炭水化物に含まれる糖質をゆっくりと吸収するため、ブドウ糖が体内に吸収されるのを軽減します。

Copyright (c) 2014 慢性糖尿病の食事制限に最適な宅配弁当ベスト3! All rights reserved.