慢性糖尿病の食事制限に最適な宅配弁当ベスト3!

トップページ > バラエティに富んだ食品から適量な栄養素を摂取
ページの先頭へ

バラエティに富んだ食品から適量な栄養素を摂取す

バラエティに富んだ食品から適量な栄養素を摂取することが、バランスのとれた糖尿病の方の食事です。

バランスのよい食事をとるためには、適切なエルルギー量の範囲内であることが大切でありひんととなるのが、「糖尿病食事療法のための食品交換表」です。

普段私立ちが食べている食品を食品交換表で照らし合わせてみると、多くふくまれている栄養素によって、6つの食品グループと表で示し調味料とは分けて、80kcal(1単位)のエネルギーをふくむ食品の重量を記載しています。日常的に食品交換表を利用することで、料理の種類も豊富になります。

糖尿病予備群と言われた事のある方のなかには、「まだ予備軍だから、今までどおりの食生活で大丈夫、スポーツもナカナカできる時間がない」と思っている人も多いでしょう。正式に糖尿病と診断されるまでにはほとんど自覚症状がないため、考えを改めることはナカナカできません。

糖尿病の予備軍から境界型になってくると、病状が顕著になり初めます。

特に、血糖値(空腹時に80〜100mg/dlくらいというのが正常な範囲です)を下げる際に重要な役割をするホルモン、インスリンの分泌量の変化は、無自覚のうちから顕れ、やがて糖尿病と診断されます。

毎日摂っている食事については、3食それぞれ同じくらいの分量が理想的ですが、どうしても夕食が多くなってしまいます。時間を割いて食事をゆっくり摂るために、二十分は必要です。沿うした方が、血糖値(空腹時に80〜100mg/dlくらいというのが正常な範囲です)の上昇を抑制できたり、過度な食欲を回避できたりするからです。

忙しいとき、仕事の合間に短時間での食事摂取は回避しましょう。

食物繊維は血糖値(空腹時に80〜100mg/dlくらいというのが正常な範囲です)を下げる効果がありますので、より多くの海(最近では、いざという時の避難経路を確認することが推奨されていますね)藻類・きのこ類を食べるようにしてみてください。ポテトやコーンは糖質に注意しながら摂ってみてください。インスリンの作用は年齢といっしょに低下するため筋肉への糖の取り込みが減少します。

そのため、血糖値(空腹時に80〜100mg/dlくらいというのが正常な範囲です)が上昇しやすくなります。食後は特別、ブドウ糖(低血糖になってしまった場合には、ブドウ糖を摂取すると症状が改善します)が一気に体内に吸収されるため血糖値(空腹時に80〜100mg/dlくらいというのが正常な範囲です)が上昇します。血糖値(空腹時に80〜100mg/dlくらいというのが正常な範囲です)上昇を抑える手段として「ベジタブルファースト」があります。

食事法の一つで、食事の際は野菜から食べる方法です。食物繊維が多量にふくまれたゴボウやキャベツなどの野菜は、ほかの食品が消化吸収されるのを緩やかにする作用があります。また、食事や麺類といった炭水化物にふくまれる糖質の吸収も緩やかにするので、体内にブドウ糖(低血糖になってしまった場合には、ブドウ糖を摂取すると症状が改善します)が吸収されるのを和らげます。

いわゆる糖尿病とは、インスリンという血糖値(空腹時に80〜100mg/dlくらいというのが正常な範囲です)を下げる役割を担ったホルモンの機能が悪化し、慢性的に血糖値(空腹時に80〜100mg/dlくらいというのが正常な範囲です)が高くなる病気です。

糖尿病の治療の目標は、生涯にわたって血糖・体重・血圧・血清脂質の良好なコントロール状態を維持することで、糖尿病合併症(時には、手術や検査などを受けたことが原因となって発症することもあるでしょう)(網膜症・腎症・神経障害)や動脈硬化症(心筋梗塞・脳梗塞・足壊疽)を予防し、健康的な心とからだを保ち、人生を謳歌できるよう努めることです。

各種の治療法のうち、適切な食事療法を介して、糖尿病の合併症(時には、手術や検査などを受けたことが原因となって発症することもあるでしょう)や動脈硬化症への移行を予防することにもなります。

1日の総摂取エネルギーが1600kcalと指示されているひとについては、1日20単位の食品と交換できますが、それぞれの栄養素が偏らないように選ぶことが大切です。

「食品交換表」には、食品だけでなく主な外食メニューも載っています。日常的に、カロリーや栄養素を把握しておくと便利です。また、薬物療法をうけている患者さんの場合は、どのタイミングで食事をすればよいのか把握しておかないと、条件次第では低血糖を誘発する惧れがあるので留意してみてください。

その季節独特の食材をメニューに取り入れたり、上手な外食の仕方をおぼえて、食事療法を豊かにしてみてください。

体内時計が乱れると2型糖尿病や肥満のリスクが上昇します。

糖代謝や血圧・脂質代謝・睡眠や体温など、ほとんどの生理機能には日内リズムがあり、「体内時計」と密接に関わっています。「体内時計」は、生活スタイルから影響をうけています。「時間栄養学」は「体内時計を考えた栄養学」と捉えることができます。

「どの食品をどれくらいの量摂取するか」といったこれまでの栄養学に、「いつ食べるか」という体内時計の視点を加えて、食事のリズムと効果の関わりについて研究する新しい分野です。糖尿病を大別すると、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病となります。

そのうち、日々の食生活や生活習慣の影響は大聞く患者数の最も多いのが、「2型糖尿病」です。

自覚症状が出ないため血糖値(空腹時に80〜100mg/dlくらいというのが正常な範囲です)の高さにも気づかないことが多いですが、病状の継続・悪化に繋がりやがて合併症(時には、手術や検査などを受けたことが原因となって発症することもあるでしょう)を引き起こす要因となります。不適切な食生活は2型糖尿病をまねくきっかけとなるので、食生活の改善なくして治療はおこなえません。糖尿病性の合併症(時には、手術や検査などを受けたことが原因となって発症することもあるでしょう)に繋がらないよう体重や血糖を適正に保つ、併せて悪化へ導かないことも食事療法の目的です。一般的に、糖尿病にはつらい食事制限が付きものと思い込んでしまう患者さんが多い事でしょう。ですが、糖尿病の患者さんの思いとはうらはらに、食べられない食品はほとんどありません。「食事療法」といっても特別なメニューがあるりゆうではなく、個人に必要な総摂取エネルギーの範囲内で食べ物の栄養バランスを工夫しながら実践することが目的です。

こうした食事療法の目的は、糖尿病の患者さんのみに与えられたものではなく、本来健康なひとでも考えないといけないことなんです。

1食あたりの糖質が40gまでというのが、「緩やかな糖質制限食」の目安です。

一日三度の食事をバランスよく摂り、食事の量を少なくすることが大切です。若い人にありがちな「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」が一番良くありません。「カツ丼とざるそばセット」のようなものも良くありません。要するに、糖質過多の食習慣はよくないということです。

糖質制限の考え方からも栄養素の豊富な幕の内弁当と食事の量を減らすことを、すすめています。「緩やかな糖質制限食」では、それほどカロリーを気にしないで、野菜・お魚・お肉といった食材もどんどん摂りましょう。

Copyright (c) 2014 慢性糖尿病の食事制限に最適な宅配弁当ベスト3! All rights reserved.