慢性糖尿病の食事制限に最適な宅配弁当ベスト3!

トップページ > 糖尿病になったら、厳しい食事制限をしなけ
ページの先頭へ

糖尿病になったら、厳しい食事制限をしなければいけな

糖尿病になったら、厳しい食事制限をしなければいけないと考える患者さんが多いと思います。

ですが、糖尿病の患者さんの思いとはうらはらに、食べられないものは何もありません。

普段の食事とは異なるメニュー(フランス料理では定食を意味することもあるのだか)が「食事療法」というワケではなく、食べ物の栄養バランスと総摂取エネルギーを考えることが大切になります。

この食事療法の考えは、糖尿病の方だけに必須な条件ではなく、一般の健康な方立ちにおもったより必要なことなのです。

毎日摂っている食事については、3食それぞれ同じくらいの分量が理想的ですが、どうしても夕食が多くなってしまいます。

忙がしくて、食事には20分の余裕をもって食べることです。

そうした方が、血糖値の上昇を抑制できたり、過度な食欲を回避できたりするからです。多忙なシゴトの合間に、5分ぐらいで食事をしてしまうのは避けましょう。食物繊維には血糖値を下げるメリットがあるでしょうので、より多くの海藻類・きのこ類を食べるようにして下さい。ポテトやコーンは糖質が多いので要注意です。

「緩やかな糖質制限食」は、糖質摂取量の目安が1食あたり40gまでです。一日3食のバランスを考えながら、ご飯の量を少なくすることが大切です。最も良くないのは若年層にありがちな「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」です。

同じように「カツ丼とざるそばセット」なども避けた方がよいでしょう。

つまり、バランスの偏った糖質ばかりの食事はよくないということです。糖質制限を意識して「バランスのとれた外食とご飯の摂り方に注意しましょう」と、提案しています。

「緩やかな糖質制限食」では、あまりカロリーを気にしないで、野菜のほか、お魚・お肉もいっぱい食べましょう。糖尿病に罹患する可能性を告げられた方のなかには、「食生活を改めたいけれど、ナカナカ難しい、特別な運動は必要ないのではないか」と言う方もいるかも知れません。糖尿病予備群の段階ではなんの症状もないので、前もって生活を変えるということは難しいことです。

しかし、糖尿病の境界型になると、からだの中では、すでに変化が起き初めています。

上昇した血糖値を下げるために欠かせないホルモン、インスリン(血糖値を下げ、血液中のブドウ糖濃度を調整しています)の数値に変化が及ぶ状態は、糖尿病予備軍の段階から見受けられます。

多種多様な栄養素を適量摂ることが、糖尿病の方にとっては理想的な食事です。適正なエネルギー量の範囲内で、バランスのよい食事をとるために「糖尿病食事療法の為の食品交換表」を、日常的に取り入れることもできます。私立ちが毎日食べている食品を食品交換表で参照してみると、多くふくまれている栄養素によって、6つの食品グループと表で示し調味料とは分けて、食品の重量を掲さいしていますが、その基準は1単位80kcalです。

食品交換表を活用することで、日々の献立づくりの幅が広がります。人は加齢といっしょにインスリン(血糖値を下げ、血液中のブドウ糖濃度を調整しています)の働きが低下するため筋肉への糖の吸収が減っていきます。

その結果、血糖値の上昇へと繋がります。とりワケ食事の後は、ブドウ糖が体内へ一気に取り込まれるため血糖値が上がります。「ベジタブルファースト」は血糖値上昇の予防に繋がります。

食事の際、野菜から先に食べる食事法です。

ゴボウやキャベツなどの食物繊維を豊富にふくむ野菜は、ほかの食品が消化吸収されるのを緩やかにする作用があるでしょう。

ご飯や麺類といった炭水化物にふくまれる糖質の吸収もゆっくりとなるため、ブドウ糖が体内に吸収されるのを緩和します。糖尿病を大聴く分けると、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病に分類できます。

日常的な食事や生活習慣はひときわ関係しており「2型糖尿病」はその代表として、最も多くの患者数です。

血糖値が高くなっても自覚症状を感じることが稀なため、そのことが悪化の原因となってしまい多くの合併症を引き寄せてしまいます。2型糖尿病は不適切な食生活が大きな原因になるため、食生活を改善して治療へ繋げなくてはなりません。

体重(とにかく、毎日朝晩二回測ることで、太りすぎを防いだり、ダイエットにも繋がるといわれています)や血糖をコントロールし糖尿病性の合併症を予防、または悪化を阻止するのが食事療法の目的です。

2型糖尿病や肥満の原因のひとつとして体内時計の乱れがあるでしょう。日々の睡眠・体温・血圧、あるいは体内の糖代謝・脂質代謝といった、ほとんどの生理機能には日内リズムがあり、「体内時計」に大聴く左右されます。

毎日の生活習慣は、「体内時計」に多大な影響を及ぼします。聞きなれない「時間栄養学」とは、「体内時計を考えた栄養学」を指します。

栄養学の基本である「何をどのくらい食べるか」に併せ、「食べるタイミング」といった体内時計の特性を付け足し、食事のリズムと効果の関わりについて調べる新しい研究分野です。いわゆる糖尿病とは、インスリン(血糖値を下げ、血液中のブドウ糖濃度を調整しています)という血糖値を下げる役割を担ったホルモンの機能が悪化し、慢性的に血糖値が高くなる病気です。

人生の多くを費やす糖尿病治療の目標は正常なバランスを維持するための体重(とにかく、毎日朝晩二回測ることで、太りすぎを防いだり、ダイエットにも繋がるといわれています)・血圧・血糖・血清脂質の管理を継続することで、その他の病症を合併する可能性を避けることができ、健康的な心とからだを保ち、満たされた人生を送れるように努めることです。

適切な指導による食事療法などは治療の一環として、糖尿病の合併症や動脈硬化症への移行を予防することにもなります。

1日の総摂取エネルギーが1600kcalと指示されているひとについては、1日における食品との交換は20単位となっているのですが、それぞれの栄養素が偏らないように選ぶことが大切です。

代表的な外食メニュー(フランス料理では定食を意味することもあるのだか)も、「食品交換表」には紹介されています。参考にして、ある程度のカロリーや栄養素をおぼえておくとよいでしょう。

なかには薬物療法を行っている患者さんもいると思いますが、食べるタイミングを間違えると低血糖を促すリスクが高まるので注意することです。

旬の食べものを積極的に取り入れたメニュー(フランス料理では定食を意味することもあるのだか)や、外食の仕方にも工夫を凝らして、食事療法を豊かにして下さい。

Copyright (c) 2014 慢性糖尿病の食事制限に最適な宅配弁当ベスト3! All rights reserved.