慢性糖尿病の食事制限に最適な宅配弁当ベスト3!

トップページ > 「緩やかな糖質制限食」は、1食につき摂
ページの先頭へ

「緩やかな糖質制限食」は、1食につき摂取

「緩やかな糖質制限食」は、1食につき摂取する糖質が40gまでとされています。一日3食のバランスを考えながら、ご飯を少なく摂ることが大切です。最も良くないのは若年層にありがちな「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」です。同様に「カツ丼とざるそばセット」なども好ましくありません。

なぜなら、糖質の多すぎる食事はよくないからです。

糖質制限を意識して「バランスのとれた外食とご飯の摂り方に注意しましょう」と、提言しています。

「緩やかな糖質制限食」では、厳密なカロリー制限をせずに、野菜(不足がちだといわれていますね。

でも、市販の野菜ジュースではあまり栄養素が摂れないという説もあります)・お魚・お肉といった食材もどんどん摂りましょう。

食事について、一日3度の摂取量は同量程度が望ましいのですが、やはり夕食がどうしても多くなってしまいます。

食事にかける時間は、忙しくても20分は取ることです。

ゆっくり食べた方が、血糖値の上昇を抑えられたり、過度な食欲を回避できたりするからです。

どんなに忙しくても、5分ぐらいで食事をしてしまうのは避けましょう。

食物繊維は血糖値を下げる作用を促しますので、それらを含んだ海藻類・きのこ類はたくさん摂って下さい。

ポテトやコーンには多くの糖質がふくまれているので気を配って下さい。2型糖尿病や肥満のリスクを避けるためには体内時計を整えておく必要があるんです。

日々の睡眠・体温・血圧、あるいは体内の糖代謝・脂質代謝といった、それらの生理機能には日内リズムというものがあり、「体内時計」によって制御されています。

「体内時計」は、日々の生活習慣で決まります。聞きなれない「時間栄養学」とは、「体内時計を考えた栄養学」をさします。

栄養学の基本である「何をどのくらい食べるか」に併せ、体内時計の観点から「食べるタイミング」を加え、食事のリズムと効果の関わりについて考える新しい研究分野です。

いろいろな栄養素を適量とるのが、糖尿病の進行を予防する食事法でもあります。それぞれに相応しいエネルギー量を超えることなく、調和のとれた食事摂取において「糖尿病食事療法のための食品交換表」を、日常的に取り入れることもできます。

私立ちが毎日食べている食品を食品交換表で参照してみると、そのうち最も多い栄養素を元に、6つの表を創り6つの食品グループと調味料に分類し、食品の重量を掲載していますが、その基準は1単位80kcalです。

日常的に食品交換表を利用することで、料理のメニューの参考にもなります。糖尿病を大別すると、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病となります。日常的な食事や生活習慣はひときわ関係しており「2型糖尿病」はその代表として、最も多くの患者数です。

当初はほとんど自覚症状がなく、たいてい血糖値の高さにも気づきませんが、そのまま状態が進行し悪化すると多くの合併症の引き金になります。

間違った食習慣は2型糖尿病を引き起こす大きな原因になるので、治療には食生活(低カロリーで栄養バランスのとれた食事を三食規則正しく食べるのが理想です)の見直しと改善が必要です。

体重や血糖の調整に努め糖尿病性の合併症を防ぐこと、または悪化を阻止するのが食事療法の目的です。

患者数が年々増加の傾向にある糖尿病の予備軍には、「なぜか食生活(低カロリーで栄養バランスのとれた食事を三食規則正しく食べるのが理想です)改善の必要性は感じるけど、実行できていない、運動をしたりする必要はない」と思っている人がいるかもしれません。

正式に糖尿病と診断されるまでにはほとんど自覚症状がないため、予防のための注意を払うことは少ないかもしれません。糖尿病予備軍から次第に境界型へと症状が移行すると、病状が顕著になり始めます。

例えば、血糖値を下げるホルモンであるインスリンが出にくくなったりする変化は、糖尿病と診断される前の段階からあります。糖尿病になったら、厳しい食事制限をしなければいけないと考える患者さんが多いと思っております。

だだからと言って、糖尿病の患者さんにとって、食べられないものは何もありません。

「食事療法」といっても特別なメニューがある理由ではなく、個人に必要な総摂取エネルギーの範囲内で食べ物の栄養バランスを工夫しながら実践することが目的です。根本的な食事療法の考えは、糖尿病の方だけに必須な条件ではなく、健康なひとも含めあなたがたが考えないといけないことなのです。

あなたにとって適正な総摂取エネルギーが1日1600kcalと指示された場合、1日20単位の食品と置き換える事が出来ますが、栄養素のバランスを考えることが重要になってきます。

「食品交換表」には、食品だけでなく主な外食メニューも載っています。

カロリーや栄養素を参考にしておくとよいでしょう。一方、薬物療法をうけている患者さんの場合、食べるタイミングを適切に判断しないと、低血糖になることがあるので気をつけてください。旬の食べものを積極的に取り入れたメニューや、外食の仕方にもアイデアを取り入れて、充実した食事療法を行って下さい。腎臓病の一つである糖尿病は、血糖値を正常に保つインスリンとよばれるホルモンの機能が悪化し、血糖値が上昇したままの状態が続く病気です。糖尿病の治療の目標は、生涯にわたって血圧・血糖・血清脂質などの血中の状態や体重の理想的な数値を維持することで、糖尿病の合併症や動脈硬化症から派生する各種の病症からの回避に繋がり、病気に縛られない普段の生活や実り多き時間を過ごすことです。治療のための食事療法を正しく実行すれば、糖尿病の悪化を防ぎ、その他の合併症や動脈硬化症への予防にも繋がります。

人は加齢と一緒にインスリンの働きが低下するため筋肉への糖の吸収が減っていきます。血糖値が上昇しやすくなるのは、そのためです。とり理由食事の後は、ブドウ糖が体内へとすぐに吸収されるため血糖値が上昇します。

血糖値上昇を防ぐ手段が「ベジタブルファースト」です。

野菜(不足がちだといわれていますね。でも、市販の野菜ジュースではあまり栄養素が摂れないという説もあります)から先に食べる食事法です。

食物繊維を多く含んだゴボウやキャベツなどの野菜(不足がちだといわれていますね。

でも、市販の野菜ジュースではあまり栄養素が摂れないという説もあります)は、ほかの食品の消化吸収を緩やかにする効果があります。ご飯や麺類などの炭水化物にふくまれる糖質をゆっくりと吸収するため、ブドウ糖が体内に吸収されるのを軽減します。

Copyright (c) 2014 慢性糖尿病の食事制限に最適な宅配弁当ベスト3! All rights reserved.