慢性糖尿病の食事制限に最適な宅配弁当ベスト3!

トップページ > 人は加齢と一緒に筋肉でのインスリンによる
ページの先頭へ

人は加齢と一緒に筋肉でのインスリンによる糖取り込み

人は加齢と一緒に筋肉でのインスリンによる糖取り込みが減少します。

血糖値の上昇につながる原因の一つです。

食事の後は特に、ブドウ糖が体内へ一気に取り込まれるため血糖値が上がります。「ベジタブルファースト」は血糖値上昇の予防につながります。

食事の際、野菜から先に食べる食事法です。

食物繊維(不足すると大腸の機能が低下し、便秘などが起こります)を多く含んだゴボウやキャベツなどの野菜は、効果として他の食品の消化吸収を緩やかにします。

また、食事や麺類といった炭水化物に含まれている糖質の吸収も緩やかにするので、体内にブドウ糖が吸収されるのを和らげます。

もし糖尿病になってしまったら、好きなものを食べられないと思い込んでしまう患者さんが少なくないでしょう。

ところが、糖尿病になったからといって、食べられないものは何もありません。「食事療法」には、これといった限定されたメニューがある訳ではなく、それぞれに必要な総摂取エネルギーと栄養素を工夫しながら実践することが目的です。

食事療法のそもそもの目的は、糖尿病の患者さんだけが実践するものではなく、常々みんなが意識して考えないといけないと言う事です。

医師から指示されている1日の総摂取エネルギーが1600kcalの場合、食品のうち1日に交換できる単位が20となりますが、それぞれの栄養素が偏らないように選ぶことが大事です。皆様がよくしってる外食メニューも、「食品交換表」には記載されています。

目で見てカロリーなどがわかるようになりましょう。一方、薬物療法を受けている患者さんの場合、どのタイミングで食事をすればよいのか掌握しておかないと、条件次第では低血糖を誘発する怖れがあるので留意してください。

献立をマンネリ化指せない工夫をしたり、上手な外食の仕方をおぼえて、食事療法を豊かにしてください。たくさんの食品群には色々な栄養素が含まれており、それらを適量摂取することが、バランスのとれた糖尿病の方の食事です。個々に応じたエネルギー量の範囲内で、調和のとれた食事をとるために「糖尿病食事療法のための食品交換表」は、非常に役に立ちます。普段私たちが食べている食品を食品交換表で照らし合わせてみると、多く含まれている栄養素によって、6つの表を造り6つの食品グループと調味料に分類し、食品の重量を1単位80kcalとして記載しています。

食品交換表を活用することで、日々の献立づくりの幅が広がります。3食の分量は、できれば食事ごとに同量程度が理想的ですが、やはり夕食がどうしても多くなってしまいます。

忙がしくて、食事には20分の余裕をもって食べることです。

のんびり食べた方が、血糖値の上昇を抑えられたり、満腹中枢が満足したりするからです。

どんなに忙しくても、5分ぐらいで食事をしてしまうのは避けましょう。食物繊維(不足すると大腸の機能が低下し、便秘などが起こります)には血糖値を下げるメリットがありますので、海藻類やきのこ類はたくさん摂取してください。

ポテトやコーンは糖質が多いので要注意です。糖尿病予備群と言われた事のある方のなかには、「何と無く食生活改善の必要性は感じるけど、実行できていない、スポーツもナカナカできる時間がない」と思っている人も多いようです。

糖尿病予備群の段階ではなんの症状もないので、考えを改めることはナカナカできません。

しかし、糖尿病の境界型になると、検査の結果にも色々な変化が顕れ始めます。体内の重要なホルモンのうち、血糖値を下げるために欠かすことのできないインスリンの数値に変化が及ぶ状態は、自覚症状のない時から出てきます。腎臓病の一つである糖尿病は、血糖値を正常に保つインスリンとよばれるホルモンがバランスを崩し、継続的に血糖値が高いままの病気です。

糖尿病を治療するにあたって、生涯をかけた目標は血糖・体重・血圧・血清脂質の良好なコントロール状態を維持することで、糖尿病の合併症である網膜症・腎症・神経障害や動脈硬化症、いわゆる心筋梗塞・脳梗塞・足壊疽を防ぎ、日常の生活に支障をきたさないよう満たされた人生を送れるように努めることです。

色々な治療法のうち、適切な食事療法を介して、糖尿病の悪化を防ぎ、その他の合併症や動脈硬化症への予防に持つながります。

糖尿病は、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病に大別できます。

その内、日々の食生活や生活習慣の影響は大聴く最も多くの患者数を有するのが、「2型糖尿病」です。

自覚症状が出ないため血糖値の高さにも気づかないことが多いですが、病状の継続・悪化につながり多くの合併症を引き寄せてしまいます。

2型糖尿病は不適切な食生活が大きな原因になるため、食生活を見直さなければ治療へと進めません。

糖尿病性の合併症を防ぐための体重や血糖のコントロール、さらに悪化の抑制を目的とするのが食事療法です。

体内時計の乱れは2型糖尿病や肥満のリスク(時にはあえてそれを承知でトライする必要があることも)を引き寄せる怖れがあります。

日々の睡眠・体温・血圧、あるいは体内の糖代謝・脂質代謝といった、ほとんどの生理機能には日内リズムがあり、いわゆる「体内時計」によってコントロールされています。

「体内時計」は、生活スタイルから影響を受けています。「時間栄養学」は「体内時計を考えた栄養学」と捉えることができます。

これまでの栄養学でいわれていた「何をどのくらい食べるか」に、「食べるタイミング」といった体内時計の観点をプラスし、食事のリズムと効果の関わりについて研究する新しい分野です。

「緩やかな糖質制限食」は、糖質摂取量の目安が1食あたり40gまでです。

毎食バランスを考えて摂り、食事の量を減らすことが重要です。

最も良くないのは若年層にありがちな「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」です。「カツ丼とざるそばセット」のようなものも同様です。

つまり、糖質ばかりのものを食べるのはよくないと言う事です。糖質制限の例として種類の多い幕の内弁当と食事を少なく摂ることを、提案しています。「緩やかな糖質制限食」では、カロリーはあまり気にせず、野菜・お魚・お肉といった食材もどんどん摂りましょう。

Copyright (c) 2014 慢性糖尿病の食事制限に最適な宅配弁当ベスト3! All rights reserved.