慢性糖尿病の食事制限に最適な宅配弁当ベスト3!

トップページ > 1日の総摂取エネルギーが1600kcalと指示され
ページの先頭へ

1日の総摂取エネルギーが1600kc

1日の総摂取エネルギーが1600kcalと指示されているひとについては、食品との置き換えの目安が1日20単位になりますが、栄養素の種類がバランス良く含まれているかを考えて選ぶことが大切です。

代表的な外食メニューも、「食品交換表」には紹介されています。

参考にして、ある程度のカロリーや栄養素を覚えておくとよいでしょう。

食事療法だけでなく薬物療法も行っている場合、食べものを摂るタイミングをしっかり意識しておかないと、低血糖を促すリスクが高まるので注意することです。

その季節独特の食材をメニューに取り入れたり、外食の仕方をうまく取り入れながら、食事療法を上手に活用してください。

人は歳と共にインスリンによる筋肉への糖の吸収が減少します。その結果、血糖値の上昇へとつながります。とり訳食事の後は、ブドウ糖が急激に体内へ吸収されるため血糖値が上がります。「ベジタブルファースト」は血糖値が上昇するのを抑えます。野菜から先に食べる食事法です。ゴボウやキャベツといった食物繊維(六番目の栄養素として、様々な働きをしています)をたくさんふくむ野菜は、他の食べ物の消化吸収を緩やかにする作用を持たらします。

また、食事や麺類といった炭水化物に含まれる糖質の吸収も緩やかにするので、体内におけるブドウ糖の吸収を緩和します。食事について、一日3度の摂取量は同量程度が望ましいのですが、夕食の分量に多く偏ってしまいます。

忙がしくて、食事には20分の余裕をもって食べる事によりす。

ゆっくり食べた方が、血糖値の上昇を抑えられたり、満腹中枢が満たされたりするからです。

仕事で時間が取れなくても、短時間での食事摂取は回避しましょう。食物繊維(六番目の栄養素として、様々な働きをしています)は血糖値を下げる効果がありますので、海藻類やきのこ類はたくさん摂取してください。

ポテトやコーンには多くの糖質が含まれているので気を配ってください。もし糖尿病になってしまったら、好きなものを食べられないと想像している患者さんが多数ですよね。でも、もし糖尿病になってしまっても、食べられる食品はたくさんあります。

「食事療法」には、これといった限定されたメニューがある訳ではなく、食べ物の栄養バランスと総摂取エネルギーを意識する事が目的となります。この食事療法の考えは、糖尿病患者さんだから守らないといけないものではなく、健康なひとでさえ日常的に意識しないといけないと言う事です。

イロイロな種類の栄養素を適切な量摂ることが、調和のとれた食事となり糖尿病の方には治療法のひとつにもなります。それぞれに似つかわしいエネルギー量を超えることなく、調和のとれた食事摂取において「糖尿病食事療法のための食品交換表」は、とても参考になります。

食品交換表では私たちが日常食べている食品を、その内最も多い栄養素を元に、食品グループを6つ(また6つの表)に分割し調味料とは分けて、80kcal(1単位)のエネルギーをふくむ食品の重量を掲さいしています。

日常的に食品交換表を利用することで、料理の種類も豊富になります。「緩やかな糖質制限食」は、1食あたり糖質40グラムまでが目安です。3食バランス良く食べて、食事の量を少なくする事が大切です。糖質ばかりの「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」が一番良くありません。

当然「カツ丼とざるそばセット」なども良くありません。

つまり、糖質ばかりのものを食べるのはよくないと言う事です。

糖質制限の見解から種類豊富な幕の内弁当と食事の量を半分にすることを、提案しています。「緩やかな糖質制限食」では、カロリーはあまり気にせず、野菜、お魚・お肉はたくさん食べましょう。

糖尿病は、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病に大別できます。その内、日々の食生活や生活習慣の影響は大聞く「2型糖尿病」はその代表として、最も多くの患者数です。

血糖値が高くなっても自覚症状を感じることが稀なため、その通り状態が進行し悪化するとやがて合併症を引き起こす要因となります。適切でない食習慣は2型糖尿病の原因にもなりかねないので、治療には食生活の見直しと改善が必要です。

体重(とにかく、毎日朝晩二回測ることで、太りすぎを防いだり、ダイエットにも繋がるといわれています)や血糖を意識して調整し糖尿病性の合併症を予防、さらに悪化の抑制を目的とするのが食事療法です。

患者数が年々増加の傾向にある糖尿病の予備軍には、「食生活を改めたいけれど、なかなか難しい、特別な運動は必要ないのではないか」と言う方もいるかも知れません。

糖尿病予備群の段階ではなんの症状もないので、意識して生活の改善を図ることはめずらしいことです。しかし、糖尿病の境界型になると、検査の結果にも色々な変化が顕れ始めます。例えば、血糖値を下げるホルモンであるインスリンが血中での異常な変化を示すことは、糖尿病にとって最も顕れやすい症状です。

糖尿病予備軍から移行した糖尿病は、インスリンという血中の血糖値をコントロールするホルモンの機能が悪化し、長期にわたって血糖値が下がりにくくなる病気です。

糖尿病の治療には多くの時間が必要ですが、その目的は体重(とにかく、毎日朝晩二回測ることで、太りすぎを防いだり、ダイエットにも繋がるといわれています)に加え血中の状態(血圧・血糖・血清脂質)のバランスを良好に保つことで、その他の病症を合併する可能性を避けるようにすることができ、病気に縛られない日頃の生活や人生をたのしみながら送れるようにすることです。

治療法は色々ですが、正しい指導のもと食事療法を通して、その他の発症や進行における糖尿病合併症や動脈硬化症を防ぐことができます。

2型糖尿病や肥満の原因のひとつとして体内時計の乱れがあります。

糖代謝や血圧・脂質代謝・睡眠や体温など、それらの生理機能には日内リズムというものがあり、「体内時計」によって大聞く作用します。

日々の生活習慣は、「体内時計」に影響を持たらします。

「体内時計を考えた栄養学」が「時間栄養学」とよばれています。

「何をどのくらい食べるか」という従来の栄養学に、「いつ食べるか」という体内時計の視点を加えて、食事のリズムと機能性が持たらす作用について調査する新しい研究分野です。

Copyright (c) 2014 慢性糖尿病の食事制限に最適な宅配弁当ベスト3! All rights reserved.