腎臓病は食事療法で改善|栄養バランスを大切に

治療と生活改善

介護

腎臓の負担を軽くする

日頃の生活習慣に大きな乱れを生じると、腎臓病になることがあります。腎臓病とは、腎臓の機能が悪化することで、体に不調が生じることを言います。具体的には、尿にタンパク質が出たり、高血圧の症状が出ます。症状も重度になると、本格的な治療が必要になります。腎臓病がひどい場合は、人工透析を定期的に行う必要があります。人工透析を行わないと、体内に毒素が溜まり、排出されませんので、注意が必要です。最近は、病院での人工透析を行うことで、昔よりも治療レベルを上げることができています。また、単に医療的な治療だけでなく、日常生活での注意点を指導してくれます。特に、食事や嗜好品の摂取には大きな配慮が必要となってきます。

サービスの利用

食事に関しては、塩分摂取に制限がかかります。1日に摂取できる塩分の量は、3〜6gとされています。しかし、これが毎日守られた献立を作ることは、とても大変です。そこで最近では、宅食というサービスを利用する人が増えています。宅食は、自宅に食事を宅配してくれるサービスです。最近は、腎臓病の人のための食事を宅配してくれる所もあり、とても便利です。塩分が予め調整されている他、美味しい食事が摂取できます。そのため、毎日の食事作りへのストレスが軽減できます。腎臓病の治療に関して、タバコの使用も控えるべきです。元々タバコは、腎臓病に繋がる原因を持っています。そのため、喫煙し続けるとさらに悪化する可能性があります。徐々にタバコを減らす努力が必要です。