腎臓病は食事療法で改善|栄養バランスを大切に

普段の食生活を見直す

食事

腎臓への負担を抑える

腎臓病の治療として、食事療法があります。腎臓病の進行を遅らせ、体調を整える目的で行われます。腎臓の機能が落ちると排泄機能が低下してしまいます。そのため、食事制限をしてしまいがちですが、行き過ぎた制限は体調不良を引き起こしかねません。そこで必要なのが、栄養素の摂取にメリハリをつけるということです。まずは、タンパク質を摂りすぎないようにしましょう。不要なタンパク質は老廃物として排泄されるため、過度な摂取は腎臓に対して負担となります。次に、カロリーはきちんと確保することです。カロリーが不足すると体内のタンパク質を分解してエネルギーとするため、その排泄の際に腎臓への負担となります。最後に、塩分は控えるようにしましょう。

宅配サービスの活用

腎臓病を患ってしまった場合、本人はもちろんのこと、家族のサポートを受けながら食事療法を行うことになります。日々の食生活において栄養分やカロリーの摂取量に気を使う必要があるため、頭を悩ます方も多いでしょう。そういった方々の間で活用されているのが、腎臓病向けの食事の宅配サービスです。現在では様々な業者が存在しており、自分の病状や好みに合わせて選択することができます。栄養士が考えたメニューのため安心ですし、何より調理の手間が省けるのが大きなメリットです。365日日替わりのメニューを準備していたり、塩分やタンパク質を極力抑えた献立で構成されるなど、それぞれ支持を集める特色を備えています。お悩みの方は1度調べられてはいかがでしょうか。