腎臓病は食事療法で改善|栄養バランスを大切に

治療と生活改善

介護

生活習慣の乱れにより、腎臓病になるケースは多く、注意が必要です。食事での塩分制限や禁煙などの配慮で状態の悪化を抑えられます。食事に関しては、腎臓病用の宅食サービスを利用することで、献立作りへの負担を減らせます。

詳しく見る

ストレスを溜めない工夫

老人

腎臓病の対策として重要なのは食事療法です。タンパク質や塩分を控えめにして腎臓に負担を掛けないようにします。これにより病気の進行を遅らせる事が可能です。ただ、食事の量を減らすとストレスを溜めてしまう事もあります。そのような場合、ボリューム感が出るように食事に工夫を加えるのがオススメです。

詳しく見る

食生活が重要

2人の女性

満足できる工夫とは

腎臓病は自覚しにくい病気です。自分でも気がつかないうちに症状が進んでしまい、病院で診断されたときにはもう手遅れなんてこともあります。そうならないためには、普段の食事に気を使うことが重要です。腎臓病の食事といえば減塩というのが有名ですが、その他にカリウムの量も大事になってきます。しかし、濃い味付けに慣れた人には薄味である腎臓病食は物足りないというのも事実です。そんな人は普段の食事に一工夫加えることで満足感を満たすことができます。たとえば、サラダなどを食べる場合はドレッシングの変わりにレモン汁を使用すると塩分量を減らしつつ酸味の利いた味を楽しめます。野菜も水に長時間さらすとカリウムを大幅に減らすことができ、その分多くの量を食べることができます。

気をつけたいポイント

その他の腎臓病食の特徴といえばたんぱく質の制限があります。健康な人ならそれほど心配することはないのですが、腎臓病の人がたんぱく質をとりすぎると腎臓に大きな負担がかかってしまいますので注意が必要です。たんぱく質の多く含まれている食材といえば肉や魚がまず頭に浮かびますが、実は野菜や白米にも含まれています。食事をする際にはそのことも頭に入れて、全体的な分量を考えなければなりません。しかし、そのことだけを気にして食事の量を減らしてしまっては、必要なエネルギーが不足してしまいます。エネルギーとはカロリーのことです。たんぱく質を抑えつつカロリーをとるためには油類で楽に調節できます。パンにバターを塗ったり、おかずに揚げ物を入れると効果的です。食事制限といえば真っ先に抜かなければならない油ものを食べられるのも腎臓病食の特徴です。

普段の食生活を見直す

食事

腎臓病の治療を行っている方は、食事について非常に気を使うことになります。栄養素の摂取量やカロリー計算など、ポイントとなる点はいくつかありますが、基本は腎臓に負担をかけないということです。現在では腎臓病用の食事の宅配を行う業者もありますので、検討してみることをお勧めします。

詳しく見る